Consulate Japan
Tel: +49 403330170
E-Mail

More Languages

English Nederlands Francais Espagnol italiano portuguese norwegian japanese svenska polski russian chinese dansk korean turkish eesti arabic suomi

Online Shop

Press Area

超特急 インターシティー・エクスプレ · ICE © Deutsche Bahn

超特急 インターシティー・エクスプレ · ICE

ハノーバーが中心

ヨーロッパの交通網の中心部に位置し、多数の方法でアクセスすることができます。お車でのアクセスには、アウトバーンA7(南北線)、A2(東西線)、A1(北東北西線)が、中央ヨーロッパにおける主要道路となります。

鉄道をご利用の場合、ニーダーザクセン州内の町の大部分は全て、ドイツの都市間を結ぶドイツ鉄道のICEでアクセスが可能です。飛行機でご旅行の場合、ハノーファー・ランゲンハーゲン空港(HAJ)が、州都ハノーファーへの中央発着空港となります。さらに、ハノーファーの周辺地域には、ハンブルク空港(HAM)、パーダーボルン空港
(PAD)、ミュンスター/オズナブリュック空港(FMO)、ブレーメン空港(BRE)といった、4つの空港もあります。東フリジア諸島にアクセスするには、フェリーで、ドイツ最長の人工水路、ミッテルラント運河を通るのが最適です。この運河はハノーファーの主要な港と内陸部の港を結んでいます。

環境にやさしい地域の公共交通機関

ハノーファー圏主要都市部で交通公共機関を提供する輸送協会GVHの地域の交通公共交通サービス利用者は、毎年1.9億人です。これらのサービスによって最高の快適さと便利さが提供されています。2010年、ハノーファーは、ドイツの15の都市で行われた全国調査によって、公共交通機関部門で第一位を受賞しました。バスと市街鉄道網を担当するüstra(ウストラ)は、GVH内で主要なモビリティサービスを提供する、EC環境監査の環境管理規制基準を満たす、ドイツでは初めての運輸会社です。2011年半ば以降、その車両には、EUの最も厳しい環境基準を満たしたハイブリッドバスが含まれています。

物流産業の繁栄

2009年のフラウンホーファー研究所の調査によると、ハノーファーはドイツ国内において最もダイナミックな物流拠点の一つであり、国内外の物流において大きな役割を果たしています。専門家は、地域の積極的な投資に対する姿
勢、良好なインフラ、低コストおよびその便利な立地を賞賛しています。その一方で、ハノーファー地方では、物流事業に約40,000人が従事しており、拡大する分野横断的産業として、地域経済の発展に中心的な役割を果たし続けています。商業、工業用地の利用可能性は、ここで起業しようとする会社の計画や、設備拡張のためにマーケティングを促進する目的で定期的に監視されます。また、新しいインフラプロジェクトは、ヨーロッパ共同体の東への拡大によって、潜在的な利益を獲得するためのパイプラインとなります。