Consulate Japan
Tel: +49 403330170
E-Mail

More Languages

English Nederlands Francais Espagnol italiano portuguese norwegian japanese svenska polski russian chinese dansk korean turkish eesti arabic suomi

Online Shop

Press Area

Schloss Marienburg © Patrice Kunte

Schloss Marienburg

マリーエンブルク城

19世紀の城の生活にタイムスリップしてみませんか。

現在もヨーロッパ最古の王侯家族の家族が所有するマリーエンブルク城は、メルヘンチックな外観とほぼ完全に維持され続けている内装によって、訪問者を魅了し続けています。城内のツアー(所要時間約1時間)では、マリーエンブルク城とその住人、ハノーファーの家々の歴史について学んでいただけます。ツアーのハイライトは、18世紀の銀の家具セット、完全装備された城の台所、多数の銅鍋、ケーキ型、ボウル、カップ、精巧な塗装と金箔で装飾された特徴的な丸天井を備えた、女王の図書室です。

マリーエンブルク城の生立ち

マリーエンブルク城の設立は、感動的な歴史と結びついています。 1857年、ハノーファー最後の王、盲目のジョージ5世は、王妃マリーの誕生日に、彼女に因んでマリーエンブルクと名づけられた、これから建設予定の城を贈呈します。この城はもともと夏の避暑地として考えられていました。それゆえにロマンチックなイメージで設計されました。 丘の上に建てられるおとぎ話の中の城には、塔、礼拝堂、独自の家具、ファンタジーに富んだ絵画が描かれた丸天井を備えています。

この城は、1857年~1867年の10年間に渡って建築家コンラート・ヴィルヘルムとエドウィンオップラーによって、最終的にはネオゴシック様式で建てられました。1867年、ハノーファー王国がプロイセンとの戦いに敗れた時、この建物はまだ完成していませんでした。王妃マリーは強制的に、ヘレンハウゼン王宮からマリーエンブルク城へ移り住まわせられました。継続的な政情不安の結果、1867年、マリーは夫の後を追って、オーストリアに亡命しました。彼らはそれ以来、ハノーファーに戻ることはありませんでした。

マリーエンブルク城の結婚式

王妃マリーのお気に入りの場所の一つ、パリのサント・シャペルを模倣したロマンチックな城の礼拝堂は60人を収容することができます。この礼拝堂は、教会での結婚式に、詩的で荘厳な雰囲気をいっそう引き立たせます。戸籍局での結婚式には、オリジナルを復元した最大25人を収容できる皇太子の広間が用意されています。