Consulate Japan
Frau Kikuko Kato
Tel: +49 403330170
E-Mail

More Languages

English Nederlands Francais Espagnol italiano portuguese norwegian japanese svenska polski russian chinese dansk korean turkish eesti arabic suomi

Online Shop

Press Area

Das Neue Rathaus © Hannover Marketing und Tourismus GmbH

Autofreier Sonntag / Car Free Sunday

パークと庭園

ハノーバーは四季を通じてドイツで一番自然が楽しめるところです。

動物ファンや植物ファンにとっての理想郷

ここではリラックスしたり、珍しい動植物を観察したり、または屋外で芸術史の知識を深めることができます。「緑のハノーバー」と呼ばれるプログラムは、四季を通じて公園や庭園の案内を行っています。

緑の肺

アイレンリーデ自然公園は650ヘクタールに広がっています。ハノーバー市の緑の肺とも呼ばれるこの公園は、ニューヨ-クのセントラルパークの凡そ2倍の大きさを誇ります。市の中心部まで伸びるこの森は、動植物の生息に重要な意味を持っています。多くの散歩道や子供の遊び場、甲羅干しの出来る草原やスケーター専用路などがあるアイレンリーデ自然公園は、近場の保養地として最高です。

造園建築の発見

1951年の第一回連邦園芸展の開かれたシュタットパーク(市民公園)は無比の庭園記念碑とされています。樹木、宿根植物、一年草などの植え込み、噴水やバラ園、それに日本庭園などがあるシュタットパークはハノーバーで最も素晴しい公園の一つに数えられます。公園の中にあるローゼンカフェーの日曜コンサートは、夏場の人々の出会いの場となります。

変化に富んだ風景

ライネ川沿いを南下したところにあるコルディング湖には独特の雰囲気があり、四季を問わず散歩の価値があります。洋々たる湖は緑の岸に縁取られ、鴨や小鳥の鳴き声が静けさの中に響き渡ります。近場の保養地、ハノーバー北部にあるイーゼルンハーゲン郡とランゲンハーゲン市のヴィーツェパークは散歩やサイクリング、それに乗馬を楽しむ人たちに憩いの場を提供しています。並木道が公園を縁取り、果樹や垣根、それに草原が四季を通じて変化に富んだ風景をかもし出します。

多数の庭園のある地域としてのハノーバーの魅力は、比類のない庭園や公園、また独特の風景にあります。2009年の庭園年にはその中でもとりわけ素晴らしい場所が、特別の催物のための緑の舞台となります。

ハノーバー及びその周辺の庭園や公園についてのより詳しい情報は、インターネットのwww.hannover.deでダウンロードできます。