観光

州立歌劇場

Staatsoper Hannover

ハノーバー州立オペラは、世界最高のオペラの1つです。後期の古典的な家は1845年から1852年の間に建てられました。

ゲオルクシュトラ-セに建つ歌劇場は、ハノーファーで最も美しい建造物の一つです。 この華麗な建物は、1845年から1852年にかけて、宮廷建築家ゲオルク・フリードリッヒ・ラーベスにより設計・建設されました。宮殿にある劇場が手狭になったと感じた当時の王の意向により、建設当初は王宮劇場として使用されていました。側面翼部を持つ新古典主義の建物は、ゲオルクシュトラ-セに面して大きく張り出し、石造りの張り出し部分には詩人や作曲家の肖像が彫られています。

ここでは、360°でオペルンプラッツを発見できます:

+++ Zum Start des 360-Grad-Bildes bitte auf das Foto klicken +++

1943年に歌劇場は焼失しますが、1948年に元の歴史的たたずまいが再現されました。1985年の大改修時に、音響設備も完全に一新されました。1996年から1998年、最近では2012年に、舞台設備の改修も行われました。

着飾ったオペラ客たちが足元を濡らすことなく建物内に入ることができるよう、当時、客を乗せる豪奢な馬車は張り出し部分下に横づけしていました。現在は、オペラ広場の地下駐車場がこれにとって代わり、観客は駐車場から建物まで、地上に出ることなく直接移動することができます。