ショッピングとアトラクション

市街地/クレプケ/ニキ・ド・サンファル・プロムナード

Rund um die Kröpcke-Uhr, das Herz der hannoverschen Innenstadt, kann nach Herzenslust geshoppt werden.

Kröpckeに新しい光の彫刻があるドイツで最も人気のある歩行者ゾーンへようこそ!カフェ、ブティック、デパートが散歩に誘います。

ハノーファーはコンパクトな街です。ライネ川沿いに家々がひしめき合うように並ぶ旧市街から発展した街は、数百年の時をかけ、西はエギディエン門、東はシュタイン門にまで広がり、19世紀には中央駅が建設されました。中央駅前からエルンスト・アウグスト広場を抜けると、そこはもう街の中心部です。街の新しい顔、光の彫刻がクレプケ広場で出迎えてくれます。

ここでは、360°でKröpckeを楽しむことができます:

+++ Zum Start des 360-Grad-Bildes bitte auf das Foto klicken +++

クレプケ:ハノーファーの中心的広場

クレプケには、様々な専門店や大型百貨店が軒を連ねています。歩行者天国であり、市電の接続ポイントでもあるハノーファーの中心的広場は、かつてこの広場で営業していた由緒ある喫茶店の店主にその名を由来します。中央駅前にあるエルンスト・アウグスト騎馬像の「しっぽの下で」は、ハノーファーの待ち合わせの合言葉ですが、歴史あるクレプケ時計の下も待ち合わせの定番となっています。

Die neue Lichtskulptur bringt den Kröpcke zum Strahlen.

光の彫刻

クレプケの輝き:2015年秋、クレプケに光の彫刻が誕生しました。 64個のLEDライトで黄金色にまたたく、折り目を付けた彫刻によって、クレプケにまたひとつ新しい表情が加わりました。周囲のファサードに鉄のザイル4本で固定された彫刻は、地上約15メートルの高さから3メートル幅のランプが吊り下げられています。新たなランドマークの登場で、街はさらに輝きを増しています!

最大級のショッピング通り/ニキ・ド・サンファル・プロムナード

バンホーフシュトラ-セとゲオルクシュトラ-セは、ドイツ国内でも最長とされる人気ショッピングストリートの一つです。数百メートルほどの距離に数多くの店がひしめき合う光景は、国内でもほぼここ以外で見かけることはできません。

Shopping in der Bahnhofsstraße

街の中心部へと続くバーンホフシュトラ-セは、歩道が上下に分かれます。歩道の一つ、ニキ・ド・サンファル・プロムナードは、「地下」へと伸びていきます。エルンスト・アウグスト・ギャラリー、ギャラリー・ルイーゼやクレプケ・センターなどが並ぶプロムナードでは、天候を気にせず、あらゆるショッピングを楽しむことができます。また、アンツァイガービルがそびえるシュタイン門とエギディエン広場を結ぶ街の交通の大動脈、ゲオルクシュトラ-セが交差する場所でもあります。

ゲオルクシュトラ-セは、ぶらぶら歩きにぴったりです。通りの名は、1814年から1820年まで英国とハノーファー両国の王として君臨したゲオルク3世に由来します。ゲオルクシュトラ-セの真向いには、高級ショップやブティックの入ったオペラハウスがあり、買い物心をそそられます。また、ハノーファーの人々の間では、毎年夏の日曜にゲオルク3世にちなんだイベント「Schorsenbummel(ゲオルク通りそぞろ歩き)」目当てにこの通りに集うのが何世代にもわたる習わしとなっています。

City Hannover

Shopping

City centre, gallery, market halls and more: Here is an overview of the shopping possibilities in Hannover.

続きを読む

旧市街と屋内マーケット (Markthalle)

ショッピング通りは、マルクト広場を中心に木組みの家々が立ち並ぶ旧市街へと続いています。絵のように美しい通りには、カフェやレストランなど、小綺麗な店が並んでいます。

控えめなたたずまいを持つバルホーフ広場では、夏になると様々な催しが行われます。 旧市街にある3つの教会の中で最も大きなマルクト教会の隣には、中世時代に建てられた旧市庁舎があります。いずれの建物も、北部地方の最も南縁で確認できるレンガ造りゴシック建築の代表例とされています。また、ルネッサンス様式住居を精巧に再現した華麗なライプニッツハウスにも目を奪われます。ここには、哲学者ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツが数年間住んでいました。

旧市庁舎の向かいには、ハノーファーの胃袋とも呼ばれ、バリエーションの多さで食通たちをひきつけてやまない伝統的な屋内マーケットがあります。

Must See

Sightseeing & City Tours

Herrenhause Gardens, City Tour, New Town Hall – discover the Highlights in Hannover!

続きを読む

見所スポット

ほんの少し行くと、古風な趣を残すライネ宮殿があります。かつてはハノーファー王の居城でしたが、現在はニーダーザクセン州議会が入っています。

Historic old town

さらに進むと、ハノーファーで最もよく知られたランドマークの一つ、まるで本物の宮殿のような外観を持つ新庁舎が見えてきます。庁舎の丸屋根の傾斜に沿ってアーチ状に屋上へと進むエレベーターは、ヨーロッパでもここにしかありません。屋上から一望する街の風景は圧倒的で、それを見るとハノーファーがいかに緑の多いドイツの大都市であるかを実感できます。ここまで来たら、ライプニッツウーファーとブルールシュトラーセの間に伸びる彫刻の道に進むのがお勧めです。

世界中の芸術家たちの作品に混じって、色鮮やかな「ナナ」が建っています。「ナナ」の生みの親である芸術家ニキ・ド・サンファルとハノーファーの結びつきは強く、ニーダーザクセン特有のビールの飲み方、「Lüttje Lage」と同じくらいハノーファーに深く根づいた存在となっています。